注文住宅の選び方が大きく変わるかも!将来性のある家造りをしよう

注文住宅の選び方が大きく変わるかも!将来性のある家造りをしよう

これまでの常識が変わるかもしれない

これまで日本の住宅というのはだいたい30年程度の寿命しかないと判断されており、事実地区20年以上の家というのはほとんど資産価値がゼロに等しいものでした。ところがアメリカでは築70年以上の家が当たり前のように売られていますし、イギリスでは築100年以上の家に普通に買い手がつき、多くの人が住んでいたりします。このように世界を見ると家の価値がたった30年程度でゼロになるような国はあまり見られないのです。日本政府も現状を疑問視するようになってきており、良質な住宅はそれ相応の価値を持たせようとする動きが出てきています。近い将来古い家屋の価値というのは大きく変わるかもしれません。これからは自分たちの代だけではなく、子供や孫の代でも住めるような、資産価値を保てる注文住宅を建築することが重要になってくるでしょう。

価値ある注文住宅を建てるには

では長い間価値を保てる注文住宅を残すにはどうすれば良いのでしょうか。価値ある住宅というのは何といっても強度が保てる住宅であることが大前提です。家自体はリフォームなどで建て替えることが出来ますが、基礎だけは一度組んでしまうと替えることが出来ないので、建てる際には最も注意しておきたい部分です。また環境については今後さらに厳しい制限などが設けらえる可能性が高いので、断熱性能が高く光熱費を節約出来たり、太陽光発電などで自宅でエネルギーを賄えるような機能を備えている家が将来に渡って資産価値を保てる住宅とみなされる1つの要素となるでしょう。

愛知の注文住宅は天然木材を主流にした商品があります。シックハウス症候群を防止したり快適な生活環境を実現します。

安全カジノ