間取りや空間だけじゃない!注文住宅の収納と動線の魅力とは?

間取りや空間だけじゃない!注文住宅の収納と動線の魅力とは?

工夫された収納や動線は注文住宅の魅力!

注文住宅の魅力は何と言っても、ライフスタイルに合わせて間取りや空間を、自由自在に設計できることです。とくに収納や動線を意識した設計は、生活を快適なものにしてくれます。たとえば、通常では壁で隠すような空間に収納をつくったり、家事をしやすくするために工夫された家事動線などがあります。このような収納や家事動線は、注文住宅において具体的にはどのような工夫がされているのでしょうか。

工夫された収納とは?

注文住宅において、通常壁で隠す部分(デッドスペース)に収納をつくる工夫の例としては、階段下や床下、屋根裏収納(部屋)などがあります。階段下に収納スペースをつくることで、普段あまり使わない物や備品などを収納することで、居住スペースが広くなり快適です。床下の収納においては、キッチンのほか、洗面所や脱衣場など複数でも作ることができます。屋根のこう配を少し急にすることで、屋根裏にデッドスペースができます。子供の遊び場や書斎などの隠れ部屋にすると、趣味や遊びを十分に楽しめる空間になることでしょう。

家事動線の重要性とは?

家事動線とは、キッチン・洗面脱衣場・浴室のラインにドアや扉を工夫して設置し、容易に行き来することを可能にしたものです。料理をしながら洗濯や風呂掃除をするとなると、キッチンから洗面脱衣場・浴室の移動をする際に、時間がかかってしまいます。家事動線がスムーズになると、毎日の料理や洗濯、風呂掃除などの家事を、同時に並行して行うことができるためはかどります。注文住宅で家事動線の工夫することは、時間を節約することにもなるため重要です。

神奈川の注文住宅で需要が高まっているのが、太陽光発電システムです。太陽光発電があれば電気代を節約できることはもちろん、余った電力を売って収益を得ることができるのが人気の理由です。

カンボジアのカジノ